バリテイン ヴィトックス

バリテインとヴィトックスα・・・

当サイトでは、人気の増大サプリ、バリテインとヴィトックスαを徹底的に比較し、
選び方のポイントを解説しております。

 

 

 

 

含まれている成分を比較!

バリテインとヴィトックスαで含まれている成分を比較すると以下のようになります。

 

比較成分 バリテイン ヴィトックスα

動植物系成分

115種類

79種類

アミノ酸成分

9種類

15種類

ビタミン成分

9種類

9種類

追加成分

86種類の発酵成分

レスベラトロール

 

含有成分から両者の効果効能を比較すると・・・

バリテイン、ヴィトックスα共に様々な動物系、植物系エキスが含まれています。
動植物系成分は主に精力増大、滋養強壮に効果があるとして知られていますよね。

 

両者で配合されている動植物系成分を比較すると、
バリテインが115種類なのに対し、ヴィトックスαが79種類です。

 

単純に種類が豊富だからといって効果があるとは言い切れませんが、
豊富な種類を含むほうがより高い効果が期待できます。

 

僅差ではあるものの、精力増強、滋養強壮効果で
バリテインとヴィトックスαを比較すると以下のようになります。

 

精力増強、滋養強壮効果
  • バリテイン・・・★★★★★
  • ヴィトックスα・・・★★★★☆

 

 

アミノ酸はビタミン成分との相乗効果によって増大効果に密接に関わってくる成分です。
アミノ酸、ビタミン成分で両者を比較すると、ビタミン成分は9種類と同じなのに対して
アミノ酸成分は、バリテインが9種類なのに対してヴィトックスαが15種類。

 

アミノ酸は細胞エネルギーの源であり、男性器の各組織を構成する成分でもあります。
アミノ酸は、男性器への細胞エネルギー供給源と考えることができます。

 

男性器各組織への細胞エネルギー供給という面で両者を比較すると以下のようになります。

 

男性器への細胞エネルギー供給
  • バリテイン・・・★★★★☆
  • ヴィトックスα・・・★★★★★

 

 

動植物成分、アミノ酸、ビタミン成分以外に両者共に追加成分が加えられており、
バリテインは86種類の発酵成分、ヴィトックスαにはレスベラトロールが加えられています。

 

どちらが優れているか、増大に効果的かとは一概には言えませんが、
発酵成分もレスベラトロールも細胞の活性化に効果的な成分です。
発酵成分は酵素のチカラで細胞を活性化、一方のレスベラトロールは
ポリフェノールによる抗酸化力で細胞を活性化します。

 

 

大きく分けて4つの含有成分(動植物系成分、アミノ酸、ビタミン、追加成分)で両者を比較しました。
どちらのほうが効果が高いか、どちらのほうが効くかということは
実際に使用する人の体質などにもよってきますので一概には言えません。

 

ですが、含有成分の違いから理論的には以下のように考えることができます。

 

コストパフォーマンス比較!

増大サプリを使用するにあたって、気になるのがかかるコスト。
誰しもなるべく安く費用を押さえたいものですよね。

 

バリテインとヴィトックスαでかかる費用を比較すると以下のようになります。

 

かかる費用

バリテイン ヴィトックスα

1箱分

13,800円(税込)

13,824円(税込)

2箱分

24,300円(税込)

26,514円(税込)

3箱分

33,800円(税込)

37,325円(税込)

5箱分

52,300円(税込)

55296円(税込)

 

 

バリテイン、ヴィトックスαとをコスパで比較すると、
わずかな差ではあるものの、コスパが良いのはバリテインですね。

 

両サプリとも優れた成分が含まれているので、それなりの価格がしますが、
少しでも安い方ということであればバリテインになりますね。

 

販売実績比較!

成分、コスパの違いが分かったところで最後に
両者の販売実績について比較します。

 

良い商品というのは、末永く消費者から愛され、ロングセラー商品となります。
販売実績が長いということは、言い換えれば、それだけ信頼できる商品だということ。

 

バリテイン、ヴィトックスαで本格的に販売が開始された時期を比較すると、
以下のようになります。

 

比較項目 バリテイン ヴィトックスα

本格的な販売開始時期

2014年12月〜

2012年11月〜

 

販売実績は商品の信頼に関わってくるもの。
おおよそ2年の差ですが、より古くから販売されているのはヴィトックスαです。